鉄道模型 各種模型・フィギュア ホワイトメタル鋳造 -(有)モリタ

ラバーキャストとは



ラバーキャストとは
ラバーキャストとは金属鋳造の製法の1つで、ゴム(ラバー)の型で鋳造(キャスト)をすることからそのように呼ばれています。
弊社のラバーキャストは円盤状のゴム型を使用し、鋳造時にゴム型を回転させ遠心力を加えることにより従来の鋳造法では困難だった微細な形状の鋳造を可能にしています。
ラバーキャスト型 ホワイトメタル鋳造


ゴム型製作について
ゴムで上下から原型を挟み、圧力をかけながら熱を加えることでゴムを硬化させ、同時に原型のメス型をゴムの中に形成します。その後、型の中心からメス型に向けて、溶けた金属の通り道を作るのが一般的なゴム型の製作方法となります。



原型材料・形状について
原型は耐圧耐熱の材料、及び圧力に耐えられる形状が求められますが、弊社では特殊技術により原型の材料をほとんど選ばずにゴム型を製作することが可能です。詳しくはお問い合わせ下さい。

一般的に使われる原型材料
金属(真鍮、銀、ホワイトメタル)、耐熱樹脂 等
  
通常原型となり得ない(弊社では可能)材料
プラスティック、ケミカルウッド、ABS、エポキシパテ、樹脂粘土(ポリマークレイ) 等

原型が極端に薄い・細い場合や、極端な逆テーパー、型よりも大きい、中空等の形状はラバーキャストでの鋳造に向かない場合がありますのでご了承下さい。



鋳造材料について
弊社では数種類の鋳造専用材料の中から用途・形状に応じて使い分け、薄肉の形状や、比重の高い材料を利用したウエイト・オモリまで対応しております。
ホワイトメタル鋳造品サンプル(薄肉・高比重)




Copy right (c) 2017 Morita INC. All right reserved.