大井川鉄道を訪ねて

大原 啓

平成15年8月16日に神尾駅付近で隣接するガケの大規模な土砂崩れが発生、線路は分断されている。
10月25日、五和−神尾間に横岡仮駅が設置され、金谷−横岡間及び福用−千頭間で電車運転。
客車列車は福用−千頭間のみの運転。
横岡駅は第二東名立体交差の高架下、片面ホームで駅前から福用行き代行バスに接続する。
なお横岡という駅名は、これが二度目。初代は昭和2年大鉄が創業した時の終着駅を横岡と称したが、
位置は現在の線路上になく、やや大井川寄りに在ったときく!詳細は不明。

横岡仮設駅
横岡仮設駅にて
421+571 釣掛電動機が実に美しい音色をかなでる

代行バス
不通区間の脇を走る代行バス

陸送されたC11190
C11190
新金谷から陸路で搬入された
家山にて

いぶき501
三岐鉄道から転入した、いぶき501
客車列車の補機に使用されている

駅名改称
駅名改称を告げるマーク
平成15年10月1日 笹間渡を川根温泉笹間渡に



戻る