アップロード 2005.11.06

私の鉄道趣味回顧・東海道の重連、同型式の章

コアテン

運用の都合、特に休日等の貨物の運休で次位に貨車のないスジの機関車が連結される事が多かった。機種はEF60又は65の重連が比較的頻繁に見られた。EF60の前期型は白熱灯1灯で、すぐそれと分かるがEF60後期型とEF65一般色は区別がつきにくく、写真説明の型式は推定も含まれる。

東海道重連1
上り貨 EF6061+EF60 鷲津−新所原 1977年5月24日撮影

東海道重連2
3964レ EF6531+EF65 掛川−袋井 1976年4月9日撮影

東海道重連3
下り貨 EF60501(浜)+EF6029(米) 静岡 1972年12月30日撮影

東海道重連4
EF60503+EF60 静岡 1976年7月28日撮影

東海道重連5
下り貨レ EF6085(沼)+EF60100(沼)2両共機関士乗車 東静岡 1973年5月5日撮影

東海道重連6
上り EF6525+EF65 東静岡 1974年8月8日撮影

東海道重連7
上り EF6092+EF60 清水−興津 右の線路は静鉄清水市内線 1974年5月19日撮影

東海道重連8
2165レ EF6062+EF60 清水−興津 庵原川橋梁 1978年7月9日撮影

東海道重連9
上り EF60100+EF60 興津−由比 1974年5月19日撮影

東海道重連10
370レ EF6019(浜)+EF60506(浜) 蒲原−由比 1975年12月24日撮影


戻る