上田ED2111中期
上田ED2111中期完成品

上田ED2111中期パーツ
(再生産品)

上田ED2111(中期)について

実車について
昭和12年製の丸子鉄道B2で、のち上田ED2、ED2111、ED2211と数度も改称された小さな箱型機関車。
正面の作りは省EF53系統のような雰囲気があります。

キットについて
KATO製小形車輌用動力ユニット(ボギー)を利用して、
台車形態にはこだわらず手軽に遊ぼうという企画の真鍮エッチング製の屋根曲済車体です。
ヘッドライト、テールライト、標記インレタが付属。

■別途必要なもの
KATO製小形車輌用動力ユニット(ボギー式)、パンタ(GM製PT42など)。

なお動力ユニットは床板の前後短縮加工と、カプラー柄の短縮もしくは床嵩上げの加工が必須となります。
この動力ユニットは台車形態の変更が容易ではなく推奨できません。
台車形態にこだわる方は、GM製ブリル台車を用いてトレーラーとしユーレイ貨車に押させる方法や、
重加工となりますがGM製ブリル動力を改造する方法もあります。
いずれにせよ工作経験者向けとなりますので、あらかじめご了承ください。

戻る